太陽光発電は以前より元が取れるようになりました。買い取り価格は下がっても、初期費用が大きく値下がりしたためです。太陽光発電の一括見積比較は、簡単な入力で複数社の見積もりを早く集めることができるので、初期導入費用をさらに下げることができます。短期間で投資した原価を回収して、毎月の収入を純利益にすることが可能になります。
現在見積もり中の太陽光発電が最安値か?裏付けを取っておきましょう~他サイトより高けれはご一報ください~

太陽光発電は家計の足しになる

太陽光発電の導入価格は毎年下がっています。

以前に比べると半額以下の状態です。

売電価格は下がっていますが、
脱炭素、地球温暖化対策でソーラーパネルは増えることで
今後も購入しやすい状況です。

そのため初期投資費用の回収期間が短くなり
12と言われていたのが8年弱くらいで改修できて
それ以降は電気代がゼロ円状態になります。

電気を使う量が多い家ほど得する仕組みです。

使用量によっては売電で収支がどんどんプラスになっていきますから

家計にはプラスの状態になります。

太陽光発電 脱炭素

地球温暖化の危機感は世界共通の物となっています。

世界的には火力発電から太陽光発電や風力発電、
水力発電など自然を利用したエネルギーにシフトしようとしています。

というのも地球に優しいとかいったものではなく
異常気象などで大型テンポがが破壊されたり
大気汚染などの実害が出ていることなどから
投資家が炭素を出さない企業に資本を移動しているためです。

世界的に太陽光発電などが推進されている中で
日本もその影響を受けざるを得ない状況になっています。

住宅用太陽光発電の導入の価格は価格破壊を起こして
以前よりも低価格で購入できる状況

売電価格は下がっている現実はありますが
初期費用が低くなっているので
8年ぐらいで元が取れてあとは電気代がなくなる計算です。

今後も脱炭素の流れで導入費用は低くなると予想されるので
比較して見積もりすればかなりコストを抑えて
導入できるでしょう。

電気自動車なども普及する流れですから
太陽光パネルは必須アイテムになりそうです。

太陽光発電で築7年目以降に電気代0円になる理由

太陽光発電の導入が下火になると思いきや
現在も太陽光発電の導入を検討をする人が多い理由があります。

一つ目は元が取れる期間が5年前から変わらないことです。

電気の買取金額が下がっても元が取れる理由は
以前に比べほぼ半額になって
太陽光発電が100万円で設置できるようになったからです。

それによって以前と変わらず元が取れるようになったということです。

そして保証機関が10年から15年など長くなってきているのも
太陽光発電の導入を後押ししています。

太陽光発電の価格は今が底値といわれるので
導入するタイミングとしてはちょうどよい時期です。

太陽光発電の良いところは元を取った後
すなわち8年目あたりから電気代が0円になるということです。

電気代0円って魅力的な生活ではないですか?

そこで大事なポイントが太陽光発電の初期費用を下げることです。
同じ発電量であれば、見積もり比較して最安値で導入することで
1年早く元を取れば、1年早く電気代0円生活が早く始まるということになります。

カテゴリー